【初心者向け】はじめての山登り 3つの備え

はじめて登山をしようと思っている方への手引きです。

お伝えしたい3つの備えを書きます。

 

※あくまで超初心者向けの内容です。これで難しい山や冬山には向かわないでくださいね。

 

1.どんな山を選べぶべきか

はじめは「どこの山に向かえばいいの?」「ひとりで大丈夫?」など悩むと思います。

選ぶ山は、地元の幼稚園・小学校が遠足で使うような近場の有名な山に向かいましょう。ググってみて初心者向けとされている、できるだけ人が多そうな山へ。そしてそういう山は、ひとりでも大丈夫。そのかわり、後に書いてある装備と心構えは理解していただければと思います。

 

f:id:noboroyama:20200626093405j:plain

緑の中でリフレッシュ。身も心も生き返ります。 

2.準備(新たなギアは買わなくても・・・)

はじめて山に登るという段階では、専門的な登山装備は必要ではないと考えています。本格的な装備や自分にあったものは経験値が増えてくると自然と分かってくると思います。 

以下は、できるだけ「家にあるもので」というコンセプトで書いています。

ザック(リュック)

はじめはタウンユースのもので大丈夫です。ちょっと歩くだけならショルダーバッグでもいいと思います。安全のためには両手がふさがれないようにザックをお勧めします。

 

家にあるスニーカーでOKです。歩きやすそうなものから選んでください。いくつか選べるならソールがデコボコしている方がお勧めです。ちなみに知人はニューバランスで山道を40km以上も歩きます。

 

飲み物

大切なことをふたつ書きます。長くなりますが読んでいただければと思います。

第一にその量が大切です。私の場合で、ざっくりいうと1時間に500mlのペットボトル1本です。3時間なら3本。これに夏場は+1L。経験者や女性から見れば多すぎると思うでしょうし、実際にかなり余ります。実は、この余るというのが大切です。暑い時期に飲み物が切れると致命的です。水はケガの傷口を洗い流すためにも必要になります。

第二に大切なことは、水の他にもスポーツドリンクや塩分を含むものも持っていきましょう。汗からは水以外の成分も失われるためです。

すごく個人的な話ですが、超お勧めなのがポンジュースの「塩と夏みかん」です。夏みかん味は山で飲むと超絶おいしい最強のジュースです。夏場にスーパーで見かけたらまとめ買いしていますが、アマゾンでも買えます。

 

食べ物

お昼をはさむならおにぎりやパンを持っていきましょう。その他に歩いている時や立ったまま食べることのできるもの、登山ワード「行動食」としてお菓子などを持っていきましょう。こちらも水と同じで多めに。残ったら家に帰って食べましょう。

 

携帯

充電は満タンに。スマホには「YMAP」などの登山地図アプリを入れましょう。アプリの地図上で自分の位置を示してくれます。該当する山の地図をダウンロードしておいてください。

f:id:noboroyama:20200726073857p:plain
https://yamap.com/

 

その他

帽子、虫よけ、タオル、夏ならサングラス。ファーストエイドとして傷テープなども持っていくと安心です。

 

服装

素材は化学繊維(ポリエステルやナイロン)がお勧めです。最初は無理に買う必要はないと思います。しかし綿のシャツは乾きにくく体に張りついて不快です。

  

3.心構え

とにかく無理はしないこと。「熱い」「寒い」「足が痛い」などの不快感、「水が足りるかな?」「雨が降りそう」「日差しがキツすぎる」などの違和感を感じたらその時点で引き返すことも考えてみてください。

 

登山をする人の多くが言います。「山は逃げません。」また違う日に行きましょう。

パタゴニア