【ペツルの最先端ハーネス】シッタ

クライミングギアのなかでもハーネスはかさばります。

出来るだけコンパクトにしたい。そう思って小さく収納できるハーネスを探しました。行き着いたのがPetzlのSitta(シッタ)です。 

 

ビジネスバックにいれた状態はこちらもご覧ください。 

 

 

通常のハーネスとサイズ比較をしてみたいと思います。 

 

目次

 

収納時のサイズ

通常サイズ対しシッタはおよそ半分になります。

 

f:id:noboroyama:20200704130945j:plain

 左がシッタ(2020年)、右がサマ(2018年)

f:id:noboroyama:20200703094410j:plain

 厚みはあまり変わらず

シッタ

全体的に薄く細い作りです。

f:id:noboroyama:20200704131123j:plain


f:id:noboroyama:20200703094601j:plain

f:id:noboroyama:20200703094618j:plain

使い分け

ぺツルの最高峰のモデルであるシッタ。これひとつで全てを行うことは可能でしょう。しかし、実際に着用してみると、サマの方がサポート部がふっくらした作りのため快適な感じです。

 

シッタ・・・装備を少しでも軽量・コンパクトにしたい時。

サマ・・・短時間のアプローチで、履いたまま一日中を過ごすとき。

 

コンパクトさを活かして使い分けたいと思います。

 

パタゴニア