【パタゴニアの万能フリース】R1プルオーバー

PatagoniaのR1プルオーバー。このフリースはマストバイと言えるほどお勧めです。大袈裟かもしれませんが私はこれ以外のフリースをこれから先も着ることがない気がします。

魅力は「保温性と耐久性が高い」「着回しがきく」というところです。

私は2018年モデルを持っていて、秋から残雪期までほぼ毎週に着ています。 

 

f:id:noboroyama:20200727145725j:plain

2018年モデル

ラインアップ

パタゴニアのテクニカル系フリースは袖口に「R」のマークが付くレギュレーターシリーズとしてご存知の方も多いと思います。

R1・・・薄手

R2・・・毛足の長い中厚手

R3、R4とRの後に続く数字が大きくなるほどに保温性が高くなります。過去には0.5というのもありました。

 

日本国内ではR1かR2の中から選べば十分です。R2は以前まで着ていましたが真冬の低山でも歩くと暑くて脱ぎたくなる位の保温性です。もしも行動中に着続けるイメージをお持ちで選ぶならR1で間違いないと思います。この後に書きますが、重ね着で保温性は上げられますので。

以下にはR1のおすすめポイントを書きます。

耐久性

私はザックや岩への擦れへの強さを重視する方にR1のフリースをお勧めします。ミドルレイヤーに位置するフリース素材ですからもちろん「軽さ」「保温性・速乾性」を備えています。

最近のミドルレイヤーは化繊の中綿を使ったものが流行っています。私もアークテリクスのアトムLTを着ています。しかし、そういった化繊中綿を着ていて思うのが「やっぱりフリースは丈夫だな。アウトドアで気軽に着れるな。」という耐久性の高さです。化繊中綿のウェアと違い岩にひっかけて一気に破れるような心配がありません。クライミングで岩にゴリゴリ当たってもOKです。そして下の写真のように毛玉は多少できますが目立ちにくいです。

f:id:noboroyama:20200727151004j:plain

毛玉はできても遠目には気になりづらい

素材(ポーラテック・パワー・グリッド)

R1シリーズの生地は「ポーラテック・パワー・グリッド」という、元々高性能なパワー・ドライという素材をさらにグリッド(格子)状に厚みに変化させたもものです。この凹凸に暖かい空気を溜めるので軽いですが保温性が高いです。あと速乾性が凄く、部屋干しでもあっという間に乾きます。そう言えば、歩いている時に蒸れるような記憶がほとんどないのですが、きっとこの速乾性のお陰なのだと思います。f:id:noboroyama:20200727150431j:plain

f:id:noboroyama:20200727150616j:plain

格子状に厚みを変化させている

 

f:id:noboroyama:20200727150653j:plain

ポーラテック・パワー・ドライのタグ

おすすめの重ね着

私は行動時から停滞時まで他の服と組み合わせながら着ています。登山だけでなくゲレンデでのスキー・スノーボードはもちろん、実はゴルフの時にまで着ています。

以下は登山での着回しの例です。

 

ベースレイヤー+R1・・・登りの時。ちょっと雪がチラつくくらいなら乾きが早いのでこのまま歩く事も。

ベールレイヤー+R1+ウインドブレーカー・・・風が出てきて熱が奪われそうな時。

ベースレイヤー+R1+ハードシェル・・・雨・雪・風が強い時。ゲレンデでのスキーなど。

ベースレイヤー+R1+化繊中綿のミドルレイヤー・・・標高が高く乾燥していて寒い歩きで。

ベースレイヤー+R1+化繊中綿のミドルレイヤー+ハードシェル・・・停滞する時。めっちゃ寒い日のゲレンデ。

 

あまりミドルレイヤーの重ね着は聞かないのですが、汗っかきで冷えやすい私はちょこちょこ脱いだり着たりをして温度調整をしています。そういった意味でも薄手のR1が自分に合っているのかもしれません。脱ぎ着すると雪の日は濡れる原因にもなるのですが、ダウンと違い濡れをあまり気にする必要はありません。

 

R1単体では、ジッパーがガバっと大きく開くので熱を逃しやすいです。寒い時にはしっかり上まで閉めれば首元が冷えません。

f:id:noboroyama:20200727151042j:plain

ジッパーはあごへの当たりが優しく躊躇なくしっかり閉めて温度調整ができます。

なぜプルオーバーか

R1には「プルオーバー」の他に「フルジップジャケット」、「フルジップフーディー」があります。もしも欲しい形が決まっていない方にはプルオーバーをお勧めしたいと思います。

プルオーバーは頭から被ったり脱いだりするのが少し不便です。しかし、お腹周りにジッパーがないので、ザックやハーネスのウエストベルトはスッキリ締められ、小さな袋に収納する時にも丸めやすく収まりが良い気がします。

 ミドルレイヤーを何にしようか迷っている方、フリースを探している方、パタゴニアのR1はおすすめです!

パタゴニア