【パタゴニアのビジネスバッグ】トレス・パック 25L

ビジネスバッグに着替えを詰めて帰りがけには運動がしたい!そういう方のために「トレス・パック 25L」があると思います。落ち着いたデザインのためスーツに合わせても違和感がありません。

 

私はこれまで革の鞄を使っていましたが、シューズや着替えを入れるには容量が少し足りませんでした。そんな時にアウトドアブランドの中で探して行き着いたカバンがこれでした。春から3ヶ月ほど使用しましたのでレビューをしたいと思います。

 

まず、私がこのバッグを選んだ理由は以下の通りです。

  • ジムの着替えやシューズと仕事の道具を収納できる容量であること
  • ビジネスシーンで悪目立ちしないデザインであること
  • 自分の好きなアウトドアブランドであること!(これ重要ですよね笑)

 

目次

3wayで使い分け

トレス・パックは3wayで使えます。以下、公式サイトより。

生産的な1日に必要なすべてを運べ、バックパック、ショルダーバッグ、ブリーフケースとしても使用できる通勤/通学用バッグ

私のおすすめはスーツの時には「手持ち」か「ショルダー」で、私服に着替えたら「バックパック」へと切り替えることです。これでスーツにリュックはNG派の方でも違和感なくオフィスに持ち込めると思います。

f:id:noboroyama:20200811181153j:plain

使わない時には収納可能なバックパックのハーネス

25Lの大容量

メインの収納スペースは四角く、深さがあります。そして3辺が「ガバっ」と大きく開き収納が簡単です。試しにジムでリードクライミングをする時のギアを入れてみます。

f:id:noboroyama:20200811174254j:plain

この通りクライミングギアがしっかり入る

真ん中のPetzlの袋はハーネスです。これをコンパクトなものにすればさらに空間が生まれ寒い時には軽めのミッドレイヤーを追加できそうです。 

f:id:noboroyama:20200811174801j:plain

 

収納テクニック

仕事の道具はバッグインバッグにまとめてフロントポケットへ

メインの収納にギアを入れている時に、名刺入れや、ペン、タブレットなどはB5のオーガナイザーに纏めています。これがトレス・パックのフロントポケットに丁度よく収まります。

f:id:noboroyama:20200811180016j:plain

B5サイズのバックインバック

 

f:id:noboroyama:20200811180333j:plain

フロントポケットにはB5オーガナイザーが丁度収まる

クライミングのチョークが飛び散らない工夫

上の写真のにある丸いケースはチョークバッグ入れです。硬いケースに入れておけば潰れて粉が飛び散ることがなくなります。100均に通って何種類か試しましたが、最終的には私はサナダ精工さんが作る850mlの丸型コンテナを使っています。以下のリンクで購入できます。

これ、なんと日本製!そして格安!おすすめします。

 

書類は背面のパッド入りスペースへ 

本来はタブレットやノートPCを収納するポケットだと思います。私はここに仕事の書類や本を入れます。クッションのおかげで紙の角が折れ曲がりにくいのが嬉しいです。f:id:noboroyama:20200811180513j:plain

 

トレス・パックはビジネスと帰宅途中のアクティビティを繋いでくれるビジネスバッグです。落ち着いたデザインでおすすめですよ!

パタゴニア