【2020最新】パタゴニア アセンジョニスト 35L レビュー

2020年の新モデル「アセンジョニスト・パック 35」のレビュー記事です。はじめはちょっと見てみるくらいのつもりでショップに向かいましたが、手に取って眺めているうちに気がついたらレジに向かっていました。 

f:id:noboroyama:20200813190345j:plain

色は赤と青があります。赤を選びました。

実は、私は旧型の40Lも使用しております。「35Lを新たに買ってどうするの?」という感じですが、それだけ興味を惹かれました。

 

今回は開封の儀的なレビューを書きます。 

実際の使用感や新旧比較はまた後日書きたいと思います。

 

目次

 

アセンジョニスト・パックとは?

アルパインクライミングに必要な物を収納して効率よく登攀できる非常に機能的なバックパック

パタゴニアの公式サイトより。

 

アセンジョニスト・パックは容量の変更を伴いながら今回が2度目のモデルチェンジとなります。

2014年初代モデル:25L/35L/45L

2017年モデル:30L/40L

2020年モデル:35L/55L

 

2014年から2017年への変更はマイナーチェンジ的な感じで外観はほぼ同じ。今回の2020年モデルは、35Lは従来からのアイコニックな一本締めと決別し、55Lでは2本締めを採用というフルモデルチェンジと言える変更です。

 

さて第一印象ですが「頑丈な袋」という感じです。生地は厚めの生地にしっかりコーティングがしてあり、触った感じもタフそうです。デザインはシンプルでカッコいい。

 

用途はクライミングの他にもバックカントリーや沢登り、雪山登山に向いていると思います。

言い換えますと、ギアをたくさん収納したり、岩に擦れても耐える頑丈さだったり、水の染み込みや雪の付着がしにくかったり、そういった事が求められる山行に最適です!

 一方で、正直なところ、夏山がメインで使おうとしている場合には、背面がメッシュだったりサイドポケットに飲み物を入れられる様なザックの方が快適に過ごせるかな?と思います。

 

 それではここからは詳細を書きます。

スペック

35Lモデル

重量:890g

概要:雨蓋無し、背面は取り外し可能なフレームシート

価格:23,650円(税込)

 

55Lモデル

重量:1,280g

概要:雨蓋付き、背面は取り外し可能なアルミ製の2本の支柱

価格:29,150円(税込)

 

 

サイズはS/M、L/XLの2種類、色はJoys Bule(青)、Fire(赤)の2色です。

 

特徴

1.スピンドリフトカラー(蓋)は紐を引っ張って閉める

f:id:noboroyama:20200814104915j:plain

上下に2本のクロージャーがある。

カラーを伸ばして容量を増やすことができる。

f:id:noboroyama:20200814112302j:plain

上のクロージャーだけ閉めた状態。

f:id:noboroyama:20200814162016j:plain

下のクロージャーまで閉めるとこんな感じ。

2.ロープ搬送システム

上部にはロープを止めるためのストラップがあります。このストラップは正面と背中側2カ所の合計3カ所でザックにつながる構造で、ストラップはV字になります。このV字とザックのくぼみがうまい具合にロープを押さえてくれます。たくさんの荷物を入れた場合にはストラップで荷物を上から押さえておくとよさそうです。

f:id:noboroyama:20200814111035j:plain

ロープは上部のストラップとサイドのコンプレッションでしっかり固定ができる。

3.アイスアックス搬送システム

f:id:noboroyama:20200814112629j:plain

ピックはスリーブに差し込み、付属のベルクロで止める。

4.コンプレッションストラップ

片側2本が付属するストラップは好みの位置に変更ができます。バックカントリーでスキーやスプリットボードを取り付けるときにはビンディングを押さえるのにちょうど良い位置を選ぶことができそうです。

f:id:noboroyama:20200814113547j:plain

取り付け位置は背中側は3カ所のループから選ぶ。正面側はデイジーチェーンかその下に写っているループに付けても良さそう。

5.ハイドレーション

ハイドレーションのホースを通すであろう穴には普通は「H2O」とか書いてあるのだが、これには「見ればわかるだろう」と何も書いていないのが何だか男心をくすぐります。ザックの内部にはハイドレーションを吊るものは付属していません。ハイドレーションはフレームシートの入るスペースに一緒に入れても良いだろう。

f:id:noboroyama:20200814153256j:plain

ホースを通す穴は右肩の位置に。

6.不要なパーツを取り外して軽量化が可能

今までの写真でお気づきになれたかもしれませんが、ストラップはガースヒッチで取り付けられていて取り外せます。この他にパッド類も取り外せます。

個々の重さは以下の通りで、標準の890gから全て外すと618gまで軽量化が可能です。

 

【取り外し可能なパーツ(合計272g)】

  • コンプレッションストラップ×4セット・・・60g
  • ロープ搬送システムのV字型になるストラップ・・・29g
  • アイスアックス搬送システムのマジックテープとストラップ・・・28g
  • ウエストベルトのパッド左右合計・・・55g
  • チェストストラップ・・・20g
  • フレームシート・・・80g

f:id:noboroyama:20200814161310j:plain

取り外したパーツたち。

パタゴニアアカウントで修理が20%OFFに!

小ネタですが、公式サイトかアプリでアカウントを作成すると13桁のパタゴニアIDが発行され、修理料金の割引(20%OFF)が受けられます。修理が必要になった時に覚えておくとお得です。

パタゴニアオンラインショップはこちらへ

パタゴニア

パタゴニア