【2020最新】アトムLT フーディー

アークテリクス「アトム LT」が2020年の秋冬モデルで仕様変更されました。

街着として黒を狙っていましたのでこのタイミングでフード付きの「アトムLTフーディー」を購入しました。今回はこのニューモデルのレビューしたいと思います。

 

最後には従来モデルとの変更点や比較も書いてありますのでご覧ください。

 

f:id:noboroyama:20200827165718j:plain

ロゴマークが刺繍に変更された

はじめに、こちらをお読みの方の中には「フリースと化繊インサレーションのどちらにしようか迷っている」とか「フリースは持っているけど化繊インサレーションにも興味がある」という人も多いと思います。

その点についての私の結論は、どちらも大して違わないかな!という何とも参考にならないものです。強いて言いますと、ロッククライミング以外の用途には化繊インサレーションがお勧めです。アトムLTの様なデザインの良いものを買えば普段着でも使いやすい!です。

 

個人的に気に入っているのは、薄手のフリースと薄手の化繊インサレーションを使い分けたり、重ね着したりすることです。これが結構具合が良く、その点については以下の記事をご覧ください。

目次

 アトムとは

「アトム」とはアークテリクスにおける"化繊インサレーション"のシリーズです。その名の通り化学繊維で作られた中綿が入った保温性のあるウェアです。

化繊インサレレーションは天然素材のダウンに代わるもので、そのメリットはダウンと違い濡れてもロフトが潰れにくいことや表地が破けてもダウンのように飛び散るということがないことです。気軽に洗濯機で洗濯ができるのも助かります。

 フリースの様にミドルレイヤーとして使うのはもちろん、表地がある程度の風を遮りますので風の吹く時にも単体で着ることができます。

 パタゴニアでは「ナノ・パフ」や「マイクロ・パフ」、有名な「DASパーカ」も化繊インサレーションです。  

 LTとは

アトムに続く「LT」とは暖かさ(重さ)や丈夫さを表しています。

アークテリクスのラインアップでは、暖かい順に「SV(シビア)>AR(オールラウンド)>LT(ライト)>SL(スーパーライト)」となります。これに加えて軽量・ハイテクなFL(ファスト&ライト)というのもあります。その他にも細かく書きますと色々あるのですが割愛します。気になる方は公式サイトをご覧ください。 

 

アトムの場合は「アトムAR」「アトムLT」「アトムSL」の3種類のラインアップがあります。ですので、アトムLTは真ん中の暖かさとなります。

 どれにしようか迷っている方はとりあえず、このLTを買っておけば使いやすさという点では間違いないと思います。 

ディティールと旧モデルとの比較

ここからは代表的なディティールを旧モデルとの比較も交えながらご紹介します。

f:id:noboroyama:20200827171310j:plain

左:2020年秋冬、右:2019年秋冬

パッと見て目に飛び込む違いは、ロゴがプリントから刺繍になったこと。

素材

【表地】

Tyono 20 (100%ナイロン)・・・従来から変更なし。
 

【サイドパネル】

Stretch fleece (94%ポリエステル、6%ポリウレタン)・・・従来はポリエステル100%でストレッチしませんでした。さらにその前の2018春夏モデルまではポーラテックパワーストレッチが使われていてポリエステル88%、ポリウレタン12%でした。
 

【中綿】

Coreloft Conpact 60g/m2・・・従来はCoreloft 60g/m2
(コアロフトコンパクトと、そうでない無印コアロフトで何が違うのかはわかりませんが・・・) 

写真

f:id:noboroyama:20200827171706j:plain

表地のTyono 20 は東レ製(日本人としてちょっと嬉しい・・・)

f:id:noboroyama:20200827171920j:plain

三分割のパネルで作られたフード。今回のモデルから、真ん中のパネルのつばには芯材が入っていて形を維持しやすく改良された。ファスナーの引き手は従来の紐からオリジナルの樹脂になった。

f:id:noboroyama:20200827172543j:plain

コアロフトはボディに入っている。透湿性を上げるために脇はフリース素材になっている。これがアトムLTの一番の特徴だと思います。

f:id:noboroyama:20200827172138j:plain

2020秋冬のサイドパネルはポリウレタンが入りストレッチするようになった。

f:id:noboroyama:20200827172401j:plain

新型の方が幅が広いサイドパネル。よりストレッチ性や汗抜けを重視したのか。

f:id:noboroyama:20200827172234j:plain

脇の下の写真。旧型の丸みを帯びたパターンは凝った感じで好きでした。

f:id:noboroyama:20200827172437j:plain

袖口は手首にフィットして心地よく、また隙間風が入りにくい。この辺りも改良された様子だがあまり違いは感じなかった。

 

以上になります。

秋から春まで、アウトドアでも街でもシーンを選ばない一着です!

パタゴニア