【装備一覧】バックカントリーの装備まとめ

スノーボードを例に、これからバックカントリーをはじめたい!という初心者の疑問にお答えしたいと思います。

 

f:id:noboroyama:20200912152125j:plain

魅力的な斜面を前に

「登り方」二つのスタイル

スノーシューとスプリットボードはどちらがいいの?これが皆さんがはじめに悩むところだと思います。結論は後にも書いていますがケースバイケースです。

1.スノーシュー

スノーボードをザックに取り付けてスノーシューを履いて歩きます。滑る時にはスノーボードとスノーシューは入れ替えます。メリットはゲレンデで使用しているスノーボードが利用できること。スノーシューははじめてでも歩きやすく複雑な地形や狭い林の中での取り回しが楽なことです。

 

2.スプリットボード

縦に二つに割れるスプリットボードはスキーの様に履いて歩きます。ソールには「クライミングスキン」や「シール」と呼ばれる一方方向に滑るものを貼り付けます。メリットは浮力が大きいこと、歩くスピードが早いことがあげられます。歩くときには板を背負わず、滑る時にもスノーシューを背負わなくても良いのでずっと背中が軽くなるのも大きな魅力です。デメリットは専用のギアが増えますのでお金がかかります。

 

3.で、どちらがいいの?

悩ましいところで、どちらがいいかとは一概には言えません。全ての地形でスプリットボードが優れているわけでもありません。木の間隔が狭い急斜面はスノーシューが楽ですし、カチカチの斜面ではアイゼンの出番です。

 

とにかく最初は自分の気になる方のスタイルからはじめたら良いと思います。自分がよく行く山で、周りの人の装備も観察して、どちらが自分に向いているのかが見えてくると思います。

 

強いて初心者へお勧めをするとスノーシューです。扱いやすいからです。またMSRなど人気のものなら、不要になればメルカリなどで売りやすいです。

MSR スノーシュー

TSL スノーシュー

 

f:id:noboroyama:20200912152302j:plain

こういう地形ならスプリットボードが楽でいい

 

スノーシューとスプリットボードの比較

はじめてでの歩きやすさ

スノーシュー>スプリットボード

 

装備の値段

スノーシュー(安い)>スプリットボード(高い)

 

ボードの選択の自由度

スノーシュー>スプリットボード

 

長時間・長距離の歩き

スノーシュー<スプリットボード

 

新雪での浮力

スノーシュー<スプリットボード

 

具体的な装備

1.スノーシュー

  • 普通のスノーボード+ビンディング
  • 普通のブーツ
  • スノーシュー

2.スプリットボード

  • スプリットボード+スプリットボード用ビンディング
  • 普通のブーツ
  • クライミングスキン(シール)

3.アバランチギア(雪崩対策)

  • アバランチトランシーバー/ビーコン(電波を受診・送信する。埋没者から発信される電波を発信して位置を特定するもの。)
  • プローブまたはゾンデ棒(ビーコンでおおよその位置を特定したあとに、雪面に突き刺し埋没者を探す棒。2.4-3mくらいの物が多い。)
  • ショベル

安全に関わる重要なことなので補足します。文字が多いですが1分くらいで読めます。

これらは三種の神器とも言われどれか一つが欠けていてもダメです。

ダメな理由は救出が遅くなるからです。

 

もしもビーコンがないと広大な雪面にプローブを刺しまくって埋没者を探すことになります。見当違いのところを探している可能性もあります。

 

もしもプローブがないとビーコンが示す数字だけを信じて雪面を掘りはじめることになります。その方向に掘ってあってますか?

 

もしもショベルがないと埋没者を手で掘り起こすことになります。5mとか掘るのは無理です。生きているうちは…

 

この様に三つ揃って機能するのです。

最近はレンタルもあるので活用してもいいと思います。

 

4.その他の装備

  • ウェア(冬山登山やバックカントリー用)(※)
  • グローブ(予備や換えのインナーがあると良い)
  • ザック(スノーボードを取り付けられるものを)
  • ヘルメット(ゲレンデと違い雪の下に岩や木がある場合も)
  • ポール(ストック)
  • ゴーグル(濡れ対策で予備があると良い)
  • サングラス(登りでゴーグルを付けると汗で曇る)
  • ファーストエイド
  • 保温ポット(テルモス)にお湯を入れておく
  • 行動食(悪天候下で立ったままでも食べられる様なものを)

状況に応じて

  • バーナー(基本的には火をいれずに食べられるものを用意しますが余裕があれば)
  • アイゼン&ピッケル(急斜面ではマストになります。中級レベル以上の工程で。)

 

※ウェアはゲレンデ用でも天気や場所次第では可能です。しかし、軽さや温度調整のし易さではバックカントリー用に登山ウェアに近い装備を揃えることをお勧めします。

パタゴニア